NPO法人ながの動物福祉協会は、身近にいる不幸な動物と

殺処分される犬・猫をゼロにし、人にも動物にも優しい社会を実現したいと願って種々の事業を展開をしています。 

1/20を持ちまして終了となりました、クラウドファンディング。

総額946,000円のご支援をいただきました!!

【NPO法人ながの動物福祉協会×八幡屋礒五郎】 ノラ猫“ゼロ”へ! 猫の不妊(避妊・去勢)手術を行い、一匹でも多くの猫を幸せにしたい。

◎3,000円支援者様      6名

5,000円支援者様     85名

10,000円支援様    21名

20,000円支援者様   14名

・長野市三輪    小林  清一 様

長野市安茂里    山本  洋子 様

長野市篠ノ井    北村  由紀 様

広島県安芸高田市    猪伏  宏隆 様

長野市吉田    松澤  節子 様

長野市新田町    錦織  祐一 様

長野市中御所    吉田  祐介 様

東京都足立区    柴田  あかり 様

長野市大豆島    大谷  恵美子 様

長野市戸隠    北山  恵子 様

埴科郡坂城町    森下  伸子 様

お名前掲載をご辞退された方  3名

 

ご支援いただきました皆様に感謝申し上げますますm(_ _)m

集まった資金は飼い主不明の猫たちの不妊手術及び、その猫たちの病気や怪我等の治療費に充てたいと考えています。

㈱八幡屋礒五郎様にご協力いただき、リターン品に限定品「またたび入り七味」をご用意しています。 詳細はこちら

 

ねこのしっぽ

〜 NAWS ・ くろちゃん日記 〜

2020.05.29【虐待をされる動物を闇に葬っていいのか!!】

ある日、

何が起きてそうなったのかは、わかりませんが、

ある人物が「自宅の浴室で飼い犬に水を掛けて殺した…」

と、いうお話を伺いました。

この家には、複数の犬が居るそうです。

 

当会関係者が、保健所、最寄りの交番に通報しました。

 

最寄りの交番は、

「動物愛護センターに一任しました。」との事でした。

 

保健所は、「わかりました。あとは、こちらにお任せ下さい。」

との事でした。

 

 

暫くすると、虐待をしたと言われている人物が、

"保健所が来る前に、犬を隠す"

というニュアンスの事を言っている…  

と、複数の人から伺いました。

 

どうやら、保健所が訪問する時間を約束していたようです。

 

これで、"真実"なんて、わかるのでしょうか…

 

後日、保健所に連絡を入れた所、

「約束の時間に訪問したが、会えなかった…」との事です。

 

私共、一般市民が感じる事は、約束して行くという事は、

会えたとしても、その実態を掴めないと考えるしかありません。

現状、この法律で処罰する事は、非常に難しいとは思います。

 

全国で起きている、

"動物虐待、殺傷、遺棄"に対して、逮捕に至るケースは

少ないと思いますが、

その手前で、虐待や殺傷などを、見て見ぬ振りしてしまい、

通報すらしない、という現実があります。

 

証拠がない中、言葉だけで伝えても、

行政側も動けないのが現状なのだと思います。

 

その現場を、写真や動画に残す事が大切。

物言えぬ、小さな命を守れるのも、

人間でしかないのです。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020.05.22【マダニの駆虫薬】

あるお宅で、ごはんをいただいている外猫

ハルくん  ♂4歳くらい

ハルくん、沢山のマダニをくっ付けてきました(・・;)

大きさも大小様々…

それにしても大量に寄生しています(;´д`)

ハルくんを連れて来て下さった、保護主さんは、ちょっと触れる事くらいしか出来ず、

マダニがこんなに寄生しているとは思っていなかったようです。

マダニの駆除薬 "フロントラインプラス"をつけました。

そして、他にも外で暮らす猫がいるので、

その子に投与していただけるそうです!

◎フロントラインプラス キャット

《効能》

ノミ、マダニ、ハジラミの駆除

ノミの卵の孵化阻害とノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生の予防

《効果》

猫のマダニ駆除効果は約3週間持続

ノミ、ハジラミな駆除効果は1ヵ月以上も続くそうです!

 

「フロントラインをしているのに、マダニがついていた!!」

というお話を伺いましたが、

マダニが居る環境であれば、

駆虫薬を定期的にしていても、普通に噛まれます。

駆除薬には、マダニが噛み付くのを防ぐ効果はありません。

 

●マダニは、哺乳類から排出される二酸化炭素やニオイ、体温や体臭に反応し、草のさきなどから生物の上に飛び移ります。

定期的に駆虫薬の投与を行なっていれば、

ほとんどのマダニを"48時間以内に駆除"する事が出来ます!

マダニがウィルス性の感染症など、病気を媒介し始めるのは、

吸血し始めてから48時間以降と言われているそうです。

外に出たり、外で暮らしている猫達は、

どうしても虫が寄生しやすいので、

触らせてくれる猫であれば、

駆虫薬をしていただけるようにお願いしていますm(_ _)m

 

※ホームセンターなどで取り扱われている、

スポット薬は、医薬部外品なので、

効果が低かったり、持続力が弱かったします。

2020.05.22【らん!お空で元気にしてますか(^o^)】

ご趣味で、石に絵を描いていらっしゃる方が、

らんを描いて下さいましたo(*゚▽゚*)o

一番最初に、ガリガリのボッソボソのらんを、

捕獲器で連れて来て下さった、

保護主さんのご親戚の方が描いて下さいました!

何度も色を重ねて、複雑な色合いが出ています。

お時間を掛けていただいたようです。

よかったね^_−☆  らん!

ありがとうございますm(_ _)m


2020.05.15【猫の脱走のお話が増える季節です!

安心して過ごせる脱走防止対策を!!

外に出る猫も危険がいっぱいです!】

急に気温が上がる日が増えてきました。

窓を開ける機会が増えます。

そんな時期になると、

「うちの子が外に出てしまった…」という

お話を耳する事が多くなります。

 

◆昨年12月上旬

ご家族が玄関を開けた瞬間、家の中から玄関先に飛び出し、

慌てたご家族が大声で追ってしまい、

姿が見えなくなってしまいました。

 

12月中旬、自宅近くで姿を確認したのですが、

保護に失敗し、更に動いてしまい、

その後、こちらに相談がありました。

 

3ヵ月後、無事に保護する事が出来ました!

 

◆2月上旬

家の勝手口のドアのロック忘れとドアの不調が

あったそうなのですが、夜、気付くと、家の中に姿が無く、

勝手口が開いていたそうです。

 

1ヵ月後、どう探したら良いか、

途方に暮れたご家族から相談がありました。

 

この子は、まだ捜索中です!

 

◆3月下旬

朝、いつものように外に出て行ったきり、

帰って来なかったそうです。

 

いつもは数時間で、うちの中に戻って来ていたそうですが、

ずっと戻らず…

 

5月14日に、「今日、迷子のチラシを見たんだけど…」と

連絡があったそうです。

 

行方不明当日、自宅の近くで車に轢かれ亡くなっていた猫が居て…

首輪の色、日時、黒猫という事から、

この子だという事でした。

 

◆4月上旬

「さっき、窓の隙間からうちの猫が飛び出してしまったので、

捕獲器を貸して欲しい」とお電話をいただきました。

 

その日は姿が確認できなかったのですが、

次の日、開けておいた扉から帰ってきたそうです。

 

◆4月下旬

「猫が家から脱走してしまったので、

捕獲器を貸して欲しい…」とお電話がありました。

 

以前、外の猫の不妊手術をして下さった方で、

その子達をお家の中に入れて下さった方でした。

 

一時、7匹の猫が出てしまったけど、5匹は家の中に戻り、

2匹が見える所に居る、という事でした。

 

捕獲器をお持ちになり、その日のうちに保護出来ました。

 

◆5月上旬

この子は、当協会から里親さんに譲渡させていただいた子です。

 

その日は、急に気温が上がり、夜も蒸暑く、

いつもは開かずの窓を網戸にして開け、風を通していた所、

そこから外に飛び出してしまい、

すぐに連絡をいただきました。

 

家を飛び出してから、12日後、

無事にお家に帰る事が出来ました!!

◎ご家族にいつもベッタリの愛猫も、

外に飛び出してしまうと、

まるで知らない猫のようになってしまう事が多いです。

ご家族を認識する余裕も無くなります。

 

なにせ、1箇所でじっとはしててくれません。

居場所を特定するのも、一苦労です。

 

 

◎突然、自分のテリトリー以外に出てしまい、

他の猫、野生動物、知らない人達に遭遇し、

常に不安と緊張で、神経が張り詰めた状態になります。

近くに居ても、保護が難しくなります!!

安全な場所に居るという事は、

そう簡単に手が届く所には、いません。

試行錯誤の上、保護する事が出来ました。

 

脱走防止対策していても、脱走してしまう子がいます!

 

悲しい思いをしないよう、

どうか対策をお願いしますm(_ _)m

★猫が網戸を破ろうと思えば、簡単に破れてしまいます。

100円ショップで購入した ワイヤーネット を活用して、

万が一破れてしまっても、その先に飛び出す事を防げます!!


2020.05.08【猫を土の中に生き埋めにする行為は犯罪です!!】

"子猫を土に埋める"という行為は、

明らかな動物虐待なのですが、

一昔前は、

「猫があまりに増えすぎてしまった」「子猫が生まれ過ぎた」

という理由で、穴を掘った土に埋めたり、

山に、川に、海にと“遺棄”する、

いわゆる“間引き”が行われていました。

 

増えすぎた猫を処分する方法として、

当たり前に行われてきたのです。

 

「動物の愛護及び管理に関する法律」略して、"動物愛護法"

で、このような行為の禁止が掲げられていますが、

先祖代々、昔からこの方法で処分してきている人は、

これが普通で当たり前な方法。

まだまだ行われているようです。

 

また違法とは知らずに、生まれた子猫を生き埋めにした、

と普通に話される方もいらっしゃいました。

⬆︎この3匹は、あるお宅の外の猫達です。

別にお住まいのご親族が手術に連れて来て下さいました。

 

細かいお話はされませんでしたが、子猫が生まれると、

なんらかの形で"間引き"されていたようです。

 

その行為を止めさせるには、「不妊手術」

しかないと思われたそうです。

 

最近、このようにご親族が気付いて下さり、

不妊手術を済ませて下さるケースが多いように思います。

⬆︎この2匹、ある方からごはんをいただいています。

 

この方は、馴れない外猫の♀3匹の予約をされていて、

手術当日連れて来られました。

 

その方の口から、

「1匹が子猫生んじゃった〜!!1匹は死んでた… 

 あとの2匹は埋めます!」

 

えっっΣ(゚д゚lll)埋める???

 

なんの悪気も無く、"淡々と"言いました。

 

◆生まれたばかりの子猫だって、"命"です!

 その命を奪うことは紛れも無い犯罪です!!

 

その方に、「それは犯罪で罰せられますよ!」

と話すと顔色が変わりました。

=============================

生きている子猫を土に埋め、殺傷した場合、たとえそれが自分の飼い猫であっても、

動物愛護法44条1項の犯罪に該当し、

2年以下の懲役又は200万円以下の罰金に処せられます!!

=============================

 

2019年6月19日「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を

改正する法律」が公布され、2020年6月に施行となります。

⬆︎(※公益財団法人動物環境・福祉協会EvaさんのHPからお借りしました。)

 

更に重い罪になります。

 

★昔ながらの方法で、子猫を処分している人が居たら、

「それは犯罪ですよ!」と教えてあげて下さい。

 

猫の出産時期は、ほぼ決まっています。

生まれてくる子猫を責任持って面倒見る事が出来ないのなら、

まず、今、面倒を見ている猫の不妊手術を

計画的に考えておくことが大切です!!

 

4月、5月は出産が多く、この時期になると、メスの避妊手術の

多くは堕胎手術になることが何年も続いています。

 

これは、どうしてか…

保護主さんが、知ってか知らずか?

妊娠している猫を連れて来るからです。

 

「最近、お腹が大きくなって来た気がするんだけど、

生まれちゃうと困るから、早く手術して欲しい」

と、お電話いただく事があります。

 

しばらく前からお世話している猫、

お腹が大きくなると、慌てる方が多いのですが、

どうせ不妊手術を受けさせるなら、

どうか妊娠の可能性がない時期に受けさせて下さいm(_ _)m

 

もっと言えば、生後4~5ヵ月くらいで手術をすれば、

猫の負担も少なくて済みます。

 

何よりも一つの命を無駄にしないで済みます。


2020.05.01【4月のクラウドファンディング事業報告

4月    メス猫の避妊手術   7頭

          オス猫の去勢手術   4頭

                               計   11頭

                 (長野市  11頭)

皆様のご支援で、

ここまでの累計  メス猫  29頭・オス猫  22頭

計  51頭の不妊手術をさせていただく事が出来ました!

 

引き続き、限りある支援金、費用の工面が難しい猫達の

不妊手術に使わせていただきたいと思います。

皆様、ありがとうございますm(_ _)m

 


【5月のお休みです!!】

ご確認の上、お電話でご予約をお願い致します。

※新型コロナウィルス感染予防の為、お車でお待ちいただき、

 お一人様づつの受付をさせていただいております。

 ご了承下さいませm(_ _)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020.05.01【疎遠だった実家に猫が!!】

飼い主さんの住むお宅の、隣の市に住んでいる息子さんが、

10年ぶりにお家に帰ったところ、猫が居てびっくり!!

 

県内の東信地区に住んでいる猫達を、飼い主さんの息子さんが

手術に連れて来て下さいました。

 

3匹の女の子

たまちゃんが一番年上⬆︎

 

クロちゃんは、2.8キロで体が小さく、

子猫かと思ったら、もうママになった経験があるようです⬇︎

コロンちゃんはまだ授乳経験なし⬇︎

息子さんも猫と暮らしているそうで、

「このままでは、どんどん増えて大変な事になる!!」

と、いう事で、

 

不妊手術のお問い合わせをいただきました。

 

家の外中、自由に出入りしているそうで、たまちゃんと

クロちゃんのお腹には新しい命が宿っていました…(>_<)

 

高齢のご両親のお宅では、これ以上増やせません。

 

あと2匹、主に外に居る子は、後日、

連れて来ていただく予定です。

 

 

このようなケース、少なくないように思います!!

 

◎気がついたら、ご親族が猫に餌やりをしていたり、

 いつのまにか、家の中に猫がたくさん暮らしていたり。

 

○餌やりは、生きる為に、食べれる場所、

 食べる物を与えて下さる人を必死で探している猫達とって、

 とてもありがたい事です。 

○お家が無い猫をお家に入れて下さる事はありがたい事です。

 

■ですが…

やはり不妊手術がされていない猫達は、

手に負えない頭数に増えてしまい、

無責任な餌やり 、

多頭飼い崩壊  など、

トラブルになることにも!!

 

疎遠のご家族の様子をたまに伺っていただく事で、

この先に起こり得るトラブルを、

未然に防ぐ事が出来るかもしれません。

 

ご親族以外でも、ご近所、お知り合い、

 

未手術の猫のお世話している方がいたら、是非、不妊手術をオススメいただけたらと思いますm(__)m

 

 

2020.05.01【ちょー太郎☆里親さん募集中です!】

腋の下の傷が、まだ治らない  ちょー太郎ですが、

里親募集 始めさせていただきます!

 

もちろん、傷を治してからの譲渡になります。

仮名  ちょー太郎 ♂

☆3~4歳くらい…かな?

☆去勢済

☆猫エイズ陽性

とっても甘えん坊さんでーす!