NPO法人ながの動物福祉協会は、身近にいる不幸な動物と

殺処分される犬・猫をゼロにし、人にも動物にも優しい社会を実現したいと願って種々の事業を展開をしています。 

 

ねこのしっぽ

〜 NAWS ・ くろちゃん日記 〜

2018.05.25【ノラ猫の餓死】

悲しいお話です。

協会がある長野市近郊都市の出来事。

C市に住む方々の、

ノラ猫が餓死したというお話を立て続けに伺いました💧

「えっっ…😨💦」

 

◇ノラ猫の相談をC市にしたところ、

『餌をやらないで下さい!!』

との指導を受け、泣く泣く餌をやらなくなったら、

数日後、庭先で餓死していた。

 

◇餌を与えていた数匹のノラ猫について、近所の猛反対にあい、

仕方なく餌を与えなかったら一匹が餓死した。

因みにその猫達は不妊手術済み。

その方は猫が原因での近所の嫌がらせに耐えられず、

止む無く移転を決めたのですが、

移転先に動物との同居可の物件は選ばなかった…

そして愛護団体に、置いていく猫達(動物の遺棄)の

外での餌やりをお願いしているとの事。

 

この2つの猫の餓死。

今まで餌を与えていたのに、何らかの圧力で、

突然餌を与えなくなった餌やりさんにも、

また、行政にも責任があるのではないでしょうか?

■C市行政は、増え続ける『ノラ猫問題』に

きちんと対策しようとせず、

市民からの相談には、「餌をやらないで!」を繰り返し、

市民に対して、「ノラ猫に餌を与えてはいけない」、

「ノラ猫が餓死しても人間には責任はない」との観念を

植え付けるだけというのはどうなのでしょうか?

他都市で出来ている動物行政が、

ここではなぜできないのでしょうか?

 

人も動物も共存できる思いやりある社会を目指すはずの行政が、

その圧倒的な力を背景に発する言葉で市民を

行政の都合の良いように導いているとも取れます。

■餌を与える方も、ご自身の気持ちで餌を与え始め、

都合が悪くなると突き放す。

毎日、時間になるといつもの場所にごはんを貰いに行く猫達😐

その日もごはんを貰いに行き、

待ち続け、待って、待って、待って、

貰えなくても、貰えると信じて待ち続け、

餓死していった猫に対して、

餌やりの“責任”はないと言えるのでしょうか?


2018.05.18【三毛猫あんずの傷】

4月8日 一匹の三毛猫ちゃんが保護されました😌

 

保護して下さった方のお宅に顔を出し、

ごはんを食べるようになったそうですが、お顔に傷が!!!

"あんずちゃん"でーす💕

口元にホクロがあって、とってもかわいい子です😄

 

不妊手術の為に捕獲器で搬送されて来ましたが、

この怪我も治さなきゃね〜😔

 

保護して下さったFさんは、

他にも沢山の猫達のお世話をしてくださっていて、

この子のお世話は難しいとの事で、

医療費はご負担いただいて、

こちらでお手伝いする事になりました。

病院に行った所、元の傷はそんなに大きくなかったようですが、

どうしても後肢でカキカキして傷が拡大してしまったようです💦

あんずは初対面時にシャー😠ってしましたが、

すぐに触らせてくれて、ゴロゴロ😁

人と関わってきた猫のようです。

 

毎日薬を付けて、10日後☀️⬇︎

少しいいかなぁ〜

 

治りかけは痒くて痒くて😣

カラーの上から一生懸命カキカキ😓

あんずの代わりに首元をカキカキしてあげると、

気持ち良さそうー😆

 

毛繕いも出来ないので、毎日ブラッシングとお顔拭き、

カラダ拭き!

人と接するのが大好きなあんずです😉

 

1ヶ月後⬇︎

カサブタが少しずつ小さくなってきました😄

更に一週間後⬇︎

もうちょっと!!

とにかく、人懐こい"あんず"😉💕

傷が治ったら、里親さんを探す事になりました!

 

あんずを生涯大切にして下さる方、

あんずに寄り添って過ごして下さる方に

巡り逢えたらいいなぁ〜😊


2018.05.11【三毛猫の毛色】

三毛猫のみぃちゃんはとっても“和む”後ろ姿をお持ちです☺️

 

後頭部と肩の辺りには、筆でポンポンと色を付けたような柄で、

全体的に柔らかい色合いです😃

みぃちゃん!お顔を見せてちょうだい😉

お鼻にはしっかりと黒が入っていて、

この時間は目が細くなって…少々キリッとして見えますね~

猫風邪で、目ヤニ鼻水がなかなか治らない、

みぃちゃんですが、とっても可愛らしい声でお返事します💕

◇"三毛猫"というのはご存知の通り猫の種類ではなく、

 日本猫を先祖に持ち、プラス3種類の色の毛を持っている

 猫のことをいいます!

 

★三毛猫の原産となるのは"日本猫"なので、

 日本では馴染みのある存在ですが、

 海外では、3種類の毛色の猫は珍しいそうです😮

 (海外でも3種類の毛色の猫は、ときどき誕生するそうです!)

 

★色々な種類の猫が世間に広まり、

 元々日本にいた"日本猫"と混ざり合った為、

 純粋な"日本猫"が年々減少しているとの事😔

 

★現在目にする三毛猫は、ほとんどが雑種。

 

★日本が"日本猫"という種を守る事に注意を払わなかった為、

 純血の"日本猫"は減っていますが、

 海外では人気があり"日本猫"として

 大切に飼われているそうです😊

 

★海外に三毛猫が渡り、現地の猫とかけあわせ誕生したのが、

 “ジャパニーズ・ボブテイル”

 

 

     みんな素敵な三毛ちゃんです💕

出逢った当初の“みけお”   スマート!

幼い頃の“あおちゃん”

まだ小さかった“さくらちゃん”

まだ小さかった“オードリー”

むにゅ~っとしたお顔の“マタちゃん”

お顔が覆面柄の“お母さん”

 

それぞれが唯一無二の命ですね🌸


2018.05.02【きょうのアント😄】

「国内ETF…」

「アントン!投資信託⁈すばらしねぇー😻」

「俺の背中はどお?雄弁?」

「まだまだだね…」

「これいいにゃーーーーー😆!」

「“なでなでねこちゃんDX2”

なでると鳴くんだってー!

とらちゃんとアメショーちゃんと

みけちゃんの3匹だってーーー💕

福祉製品として認証されたんだってよ〜😮

シニア層にも人気なんだぁ〜😀」

 

「お金持ってないじゃん😑」

「じゃぁもう寝る…😪」

「そだねぇ〜😅」


2018.05.01【N地区の猫達②】

前回の飼い主さんを失った猫達の事について、

沢山の方からお話を伺う事が出来ました。

 

その中には、不妊手術の重要性を知り、

早速、飼い猫の手術をした方もいらっしゃいました😊

 

話を進めていくと、また違うお宅の猫のお話に繋がりました。

その場所の一つ丘の向こうにあるお宅だったそうです。

 

高齢の方がお一人で暮していらっしゃるとの事。

三毛のみぃちゃんと子供のシロクロちゃん😊

みぃちゃんはシラミに寄生されていて、

掻きむしり、所々脱毛していました💧

風邪の症状が酷く、血混じりの鼻汁と目ヤニ、

軽い気管支炎にかかっているようで、

ゲホゲホと苦しそうに咳をします😓

 

飼い主さんはこの子達だけは、

ご自分の家の子だとおっしゃったようです。

その他にブラウンのクラッシックタビーの男の子

(麻酔時の写真です。)

 

以下の子達は、ふらっとやって来た猫で、

その周辺の猫達のエサを“盗み食べる”ような生活⁈のようで

痩せ気味でした。

胴体部分の側面には、傷が…

そしてこの子とそっくりな女の子😌

この子達もシラミにやられていました😵

この子はロクちゃんと名付けました!

ロクちゃんもクシャミと緑色の鼻汁で苦しそう…

そしてシラミで脱毛💦

ミケーラ!

この子はオス猫にマウントされていたので、

メスだという事で入って来ましたが、

シラミの駆虫と緑色の鼻汁の治療を先に行い、

手術の日にオスだった事が判明😅

ブラックスモークタビーで、なかなかステキな男の子です✨

十分に食べられなかったようで、

ごはんの時は目の色が変わりガツガツします😁

 

この他に、茶トラのガリガリの男の子が…

みんなシラミ、回虫が身体に住み着いていました💧

そして女の子達は、当然“妊娠”していました😣

前回掲載した子達も今回の子達も、威嚇したり攻撃したり、

"絶対に人間なんか信じるもんか"

と頑なに思っている子は一匹も居ないようでした😌

みんないい子です💕

郊外でまだまだ飼い猫に不妊手術をし、

責任持てない猫を増やさない!という考え方は浸透していないので

◆未施術の飼い猫+ノラ猫+捨て猫

       =爆発的に増える😵😵😵‼️

 

 

◎人目につかない山間に犬猫が捨てられています💢

●悪質な業者による遺棄

・売れ残り

・病気などで売り物にならない

・身体がボロボロになるまで繁殖に使い、もう産めない

(犬猫が命ではなく、物として扱われている。)

 

●増え過ぎて手に負えなくなったから

●引越しで飼えなくなったから

●病気になりお金がかかってしかたないから

●衝動買いしたがやっぱりいらない

  など、人間の勝手で捨てられる…

 

さまざまな問題がありますが、

すぐに出来る事、

『飼い猫に不妊手術をし、その命に最期まで責任を持つ』

これを徹底しないと、更に、問題が拡大!

*ご近所に負担と迷惑が掛かる

*猫を飼う気も、関心もないご親族にも迷惑を掛ける

 

人間の無責任や身勝手に振り回され

       一番の被害者は猫達に😿


2018.04.24【N地区の猫達①】

この地区の猫事情を知る事になったのは、

ある紙面に掲載されていた猫ちゃんがきっかけでした。

 

「ある場所に突然現れた猫がとても人に馴れていて、

放っておく事が出来ずに、家族として迎え入れた。」

と、いう内容でした。

どうやらその子は、その場所に遺棄されたようです。

 ※動物の遺棄は犯罪です!

 

いろいろな方にお話を伺うと…

「飼い主さんが亡くなって、

その人が餌をやっていた猫達が家から出され、

周囲に散らばっている。」

 

…えっっ…😥

 

人が立寄る、店舗でごはんをいただいている子が居ました。

ボランティアの方達が、その方とお話しをし、

手術をする事になりました。

クロちゃんはとっても人馴れしていて

撫でられたくてしかたない😆

クシャミ鼻水、左目は結膜炎でした😞

この子達はいつも一緒にいるんですって!

(左が女の子で右が男の子😊)

目ヤニと鼻水💧

少し風邪が良くなってきてからの写真です⬇︎

ちょっとつり目がチャームポイント💕

そっくりなキジちゃん兄妹⁈です😄

とっっても、穏やか〜

洋猫の血統を受け継いでいると思われる、このふたり!

 

左がルーブ・女の子・2才前後位

右がリム・女の子・7〜10ヶ月位

 

ルーブは目ヤニと血混じりの鼻水💦

リムは黄緑色の鼻水😓

風邪が蔓延しているようです😔

鼻が詰まって、うまく呼吸が出来ず、

舌が出ちゃいます…

風邪の治療を先にしてから、手術をお願いする事に!

周囲の方の話では、

リムちゃんの母親は上の写真のキジちゃんなんですって😮!!

父親に似たんですね〜

 

だいぶ風邪が良くなってきたルーちゃん

ルーはキジちゃん達に目が似てるんですけど、ご親族ですか⁉︎

どうやらそのようです😅

 

写真を撮り忘れてしまったのですが、

下の画像のような、

シルバークラッシックタビーの男の子も来ました😑

とにかく、みんな人に甘える事をしっている猫達!

 

この子達のお世話をしていて亡くなられた方の

お話も伺えました🍀

 

『自分の食費、暖房費を削り、

猫にごはんを与えていたそうです。』

猫達の人に対する接し方を見る限り、

この方が猫達をとても可愛がっていた事がわかります😂

 

周囲の方のお話、猫達の特徴から、

この方は、この地区に遺棄されてきた猫達に

ごはんを与えてきたのではないかと予想されます(。-_-。)

 

ルーブの親、リムの父親、クラッシックタビーの男の子の親、

また、その猫達の親は違う場所から持ち込まれ、

遺棄された純血種の可能性もあるのでは?

 

"飼い猫を捨てていく"

"悪徳な業者が遺棄していく"

 

そうだとすると、そのような遺棄される猫達(犬達)が

多い地区の方で、そんな子達を放っておけない人達も

被害者になりますよね!!

 

次回②です!


2018.04.13【野良猫と野猫の違い】

◇野良猫(のらねこ)とは◇

人間の生活圏で生活するイエネコのうち、

人に直接飼育されていない・特定の人が

住んでいる家をねぐらとしていない猫の総称だそうです。

◇野猫(ノネコ)とは◇

人間の生活圏から離れて山野へ移り、

野生動物となった猫を野猫と呼び、区別しているそうです。

 

私達の生活圏で目にする猫達は、

“野猫”ではないし“野生動物”でもない、という事になります。

 

では、イエネコとは?

イエネコの起源は、ネズミを捕獲する目的で

飼われはじめたヨーロッパヤマネコの家畜化で、

ヨーロッパヤマネコの亜種とされているそうです。

 

イエネコ=飼い猫

昨年、ネットに掲載されていたニュースで、

イエネコに関する研究の一環として行われたDNA分析から、

「ネコは人間が家畜化したのではなく、

自ら人と暮らす道を選んでいたことが明らかになった。」

という記事がありました!

人と暮らしていくべき動物✨

「ノラ猫に餌をやってはいけない!

野生動物は自然のままにしておくべき!」

と、いう言葉を聞いた事があります。

野生動物ではありません…😔

 

「餌はやる。でも、手術はしない!

野生動物に人間が手を出してはいけない!」

…矛盾してます…😓

 

まず、飼い猫に責任を持つ!!

●飼い猫を野良猫にしないように❗️

●飼い猫から野良猫を増やさないように❗️

 

責任持てない命を増やさないように、

不妊手術をお願いします🙇


2018.04.06【猫の移動は充分注意を!】

こちらでは、手術日の予約のお電話で、

ノラ猫や人馴れしていない猫以外の、

「飼い猫や人馴れしている猫」を連れて来ていただく際に、

『洗濯ネットに入れられますか?』

と、お伺いしています。

◎洗濯ネットに入れていただく事で、

万が一、キャリーやケージに不具合が生じて

猫が出てしまう状況でも、

猫が"猛スピードで逃走する"事を回避できます!

 

ケージが解体しないように、

結束バンドなどでしっかりと留めておくのも大切です。

 

☆☆☆洗濯ネットのメリット☆☆☆

◇閉鎖的な狭い空間が好きな猫は、

洗濯ネットに入ると落ち着く子が多いようです。

 

■猫は自分の普段生活している場所以外の

 知らない場所にいく事は、とてもストレスになります。

 (動物病院、引越し等)

 ネットに入れる事で、猫がとっさにとる行動を抑える事もでき、

 注射やその他の処置もしやすいです。

■室内飼いの猫の爪切りをしたい時にも、

 ネットに入り落ち着いているところで、

 爪をネットの隙間から出して切ったりもできます。

 

 △▽△デメリット△▽△

突然、無理矢理ネットに入れようとすると、

猫は慌ててしまい逃げようとします。

人の側も必死になり追い回す状況は、猫にとって、

ただただ嫌な思いをする事になり、

その後、病院などで怖い思いをするとトラウマになり、

ネットを見せると逃げる…と、なってしまいます。

 

★ネットに馴らすには!

普段からネットを広げた上で遊ばせたり、

オモチャを使ったり、おやつを利用したり!

遊びの中で、フワッと身体に被せてみたり!

"怖いものではない"と思わせておきましょう!

 

ネットをぐるっと結んだものは、

なかなか興味を示して遊んでくれます。

ももはちょっと気に入ったみたい😉

みけお達は、ネットに入って落ち着くタイプではありません。

注射の時は、入ってもらった方が、

猫も安全なので、一瞬で入れて行うように心掛けています😐

 

**猫を逃がさないように❗️❗️**

 

ネットに入れることが不可能な子は、

直接キャリーやケージに入れなければなりませんが、

猫を入れたキャリーやケージの要所、要所を

ガムテープで補強したり、更に風呂敷や大きな布で

包んで来てもらうようにお願いしています。

 

ペピィのカタログに、キャリーカバーがあり、

この商品は活用できるのではないでしょうか😄

以前、びっくりしたのは、手術予約日の朝、

車から降りた飼い主さんが

“肩に猫を乗せて入って来た😨💦”

恐ろしい事です!!

説明時に猫を逃がさないように、

口を酸っぱくしてお伝えしている事を、

全く聞いていただいていませんでした😔💧

     ~ ノラ猫を減らす為に!!~

     “責任持てない命は増やさない”

                “猫を捨てない”

              “猫を逃がさない”