NPO法人ながの動物福祉協会は、身近にいる不幸な動物と

殺処分される犬・猫をゼロにし、人にも動物にも優しい社会を実現したいと願って種々の事業を展開をしています。 

 

ねこのしっぽ

〜 NAWS ・ くろちゃん日記 〜

2017.04.28【みーくんの怪我】

この子は、会員Tさんのお宅に、数ヶ月前に現れ、

ごはんを貰い、Tさんのお宅の敷地内で寝起きしている、

"みーくん"です😊

 

Tさんのお宅に3日間、帰って来ない日があり、

心配していたら、4日目の昼過ぎ、いつも入っている箱の中で、

ジーっとしてたんですって…(´・_・`)

様子がおかしいなぁ〜と、よくよく見てみると、

片方の足が真っ赤😱!

ケガをして、出血しているではありませんか😵💦💦💦

 

「どこで、どうしちゃったの>_<💧」

 

Tさんは、慌てて、仲間に連絡し、みーくんを病院へ❗️

 

みーくんの右後脚🐾は、恐らく、人為的な物により、

足が挟まれ、指2本が切断される寸前だったとか😣💧

 

なんとか、皮一枚で繋がっていたのですが、1本の指は、

切断せざるを得なかったそうです( ;´Д`)

もう1本は、なんとか縫い合わせてもらい、温存できました😞

とりあえず、不自由なく過ごしてるよ😉

よかった〜(o^^o)

 

👿みーくんは、『トラバサミ』という罠に掛かって

しまったと考えられます👿

…………………………………………

この地区、長野市小柴見(あえて地区名を出します)では、

数年前から、猫に対しての嫌がらせ行為が

多発しています(*`へ´*)‼️

 

               ≪平成26年≫

不妊手術を済ませ、地域の方がごはんをあげてくださっていた猫、5匹が突如居なくなる。

               ≪平成27年≫

餌やりさんが置いて下さったごはんに、白い粉や液体を混ぜる。

ごはんに集まってきた猫を蹴飛ばしたり、自分の排尿をかける。

                  ⬆︎

※この件に関しては、特定の人物で、

目撃した方が、警察署に出向き話しは聞いてもらったのですが、

やはり現行犯でないと罰する事が出来ず、

解決には至らなかったとの事。

              ≪平成28年≫

秋の終わり、不妊手術を済ませた猫が、2匹居なくなる。

それからしばらくして、針金で手作りしたと思われる罠に、

足を踏み入れてしまった猫。

                  ⬆︎

※保健所、警察署、新聞社の方にも来ていただき、

大々的に取り上げてもらう。

                  

そして、今回のトラバサミの様な罠{(-_-)}

(当然、警察署に届け済み❗️)

もし、この様な事があったら、すぐに通報しましょう😠💢

まず、言っていかない事には、全てが消え去ってしまい、

「"動物虐待"なんて話し、聞いたことないです。」

と、いう事態にならないように(-_-)

 

ちゃんと罰っして欲しいものです☝️

…………………………………………

みーくんが来てから、一ヶ月が経ち、

右足もだいぶキレイになってきました。

⬆︎こちらは無傷な左後肢です。

⬆︎被害にあった右後脚!

指の向きが不自然だけど、被毛もふわふわ生えてきたよ😙

みーくんは、人がだ〜いすき💕

捨てられたのか、ハグれたのか、この子も間違いなく、

人と過ごしていた期間がある(。-_-。)

みーくん、かわいいねぇ〜😘

 

先日、「譲渡会」に参加させていただきました!が、

そこでは、ご縁に繋がりませんでした😓

 

こんな怪我をした、みーくんですが、

直接"人に蹴られた、叩かれた"という思いを

したわけではないので、幸い"人が好き✨"

 

みーくんの

    ☆☆里親さんを募集してます☆☆

                        (*^^*)

みーくんは、人と寄り添っているのが、何より幸せのようです😸☀️

いい方に、巡り会えますように🌸

 

             ながの動物福祉協会

               ☎︎026-223-5737

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【トラバサミ】

みーくんの足に傷を負わせた、『トラバサミ』😠

法律により、特例以外の使用が禁止されているのは、

ご存知でしょうか

2007年4月16日より改正鳥獣保護法が施行され、

狩猟でのトラバサミ使用は禁止となりました🈲

 

有害捕獲の場合に限り、

行政の許可を得たもののみが特例だそうです。

 

ホームセンターなどの販売も規制されているが、

周知徹底されるまでには時間が掛かり、

通信販売などでも簡単に手に入ってしまうのが

現実です((((;゚Д゚)))))))

 

しかし❗️❗️❗️

やはり、その辺でトラバサミを使う事は違法なわけです😾👉🚨

“標識”がないものは、

🈲全て違法なトラバサミ🈲

です。

 

◯違法なトラバサミをみつけたら

➡️すぐに通報‼️

 

◯トラバサミに猫や犬がかかった場合

➡️動物虐待罪になるので、すぐに通報‼️

 

◯売られているのを見つけたら

➡️原則使用禁止とされている猟具を店頭に陳列して

販売しない事を要望

 

できる事はありますよね!

 

😐現場の証拠を写真に撮っておく事も大事です( ̄^ ̄)❗️❗️

みーくんの他にも、数匹が被害にあったのではないかと

推測されますが、

証拠となる物がありません~_~;

何にもしてないのにね…

みーくん!!ここからは、幸せになろうね😄

 

大事な家族、外に出ると、やはり危険がいっぱい>_<💧

可能な状況であれば、できる限り室内飼いをする事で、

予想出来ない不慮の事故を避ける事が出来ます。

 

事故で命を落とす事は、猫にとって当たり前ではありません(-_-)

 

しかし、全てのノラちゃんを守り切る事は、

なかなか難しい状況です。

 

生まれて来たからには、精一杯、寿命を全うしたいよね!!

 

いつか、"ノラ猫"と言われる猫が、

居なくなる事を願います😿😿😿

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【ハンクとチビ】

「お仏壇の◯◯屋さん」から、

☆招き猫ハンクとチビ☆の写真をいただきました(o

ハンク!かわいいねぇ〜❤️

バックヤードにしっかりくつろげる

場所があるんだね( ^ω^ )

チビちゃん(≧∇≦)

ウェルカムキャット😁♪♪♪

本当にいい方達に巡り逢えて、

可愛がってもらって、幸せだね😘

 

車に気をつけて、元気でね*\(^o^)/*


2017.04.19【サビ猫ちゃん】

この子は、先日手術に来た、Sさん家の子です。

Sさん家で産まれ、貰って下さる方が

見つかり、いざ、連れて行くと、

「この柄の猫はいらない😕」

と、言われちゃったんだって💦

Sさん家で生活しているよ!

 

"サビ猫"の魅力について、まだまだ

気付いていない人が多いんだよね😅

 

サビ猫の多くは、

その見た目から貰い手がなかなか見つからないのが現状です。

英語で「Tortoiseshell」"べっ甲"と

と呼ばれる毛色は、個性的でミステリアスな毛色。

海外では、その美しい毛並みに高い人気があるんだって✨

 

基本は、黒と赤、他にもブルーと薄茶、チョコレートと赤など、様々なバリエーションo(*゚▽゚*)o

手術の毛刈り時にいつも感じるのは、

身体のセンターで、色がパックリ違ってくるんです!

でもでも、複雑に混じり合ってくるんですけど(*^^*)

この子の足は、片足が真っ黒😃

尻尾は、トラ柄でグラデーション😄

⬆︎胴部分の配色もまたまた複雑!!

 

見ていて飽きない色合いです。

顔の部分に黒が多いと表情が、わかりにくいですが、

実は、この"サビ猫"の性格は、猫初心者🔰の方には、

比較的向いていて、飼いやすいんですって!

           ▷優しい◁

比較的優しい子が多い!

温厚な性格の子が多い!

ほとんどがメス猫なので、面倒見の良い気性を備えているのかも⁉︎

           ▷頭が良い◁

優れた洞察力を持っている子が多い!

空気を読む事がとても上手!

いたずらをしても、態度で示せば、理解してくれる子が多い!が、賢さゆえ、わからないように上手にいたずらしちゃうこも(⌒-⌒; )

           ▷ツンデレ◁

懐くまでに、少々時間が必要だけど、

心を開くと、信頼している事を全身で表してくれる(≧∇≦)

一度デレると嫉妬深い所も見え始めるとか😉

⬆︎この子、以前、手術の為に、保護されてきた"ガガちゃん"

繁華街で数年生き抜いて来た♀

人懐こい子、とまではいかなかったけど、

穏やかで笑わせてくれる猫でした。

⬆︎そして、以前も登場しました、「お仏壇の◯◯屋」さんで、

皆さんに可愛がられている"ハンク"

初対面なのに、優しく受け入れてくれたっけ〜(o^^o)

 

ほんとに、ステキな色合い✨

みんな、いい子ばっかり😊💕

もっと多くの方が、

サビ猫の魅力に気付いてほしいなぁーーーーーーと

思う、今日この頃でしたo(^_^)o


2017.04.11【ロンちゃん】

ある日、K町のKさんから、避妊手術の予約の電話が入りました。

 

⚫︎出会った時から人には慣れていて、

「おいで!」の声でKさんの家まで一緒について来ちゃった😅

⚫︎去年12月に来て以来、

 ごはんをあげている(スリスリゴロゴロ^ ^)

⚫︎♀なので、病院に連れて行って手術痕を確認してもらった所、

 痕はないとの事

⚫︎♂猫が寄って来るので手術をしたい

⚫︎長毛…洋猫系?(これが名前の由来なんですって〜😸)

 

手術日の朝、ロンちゃんを預かり、

しばらくすると、協会を出たKさんから電話があり、

「長野市猫繁殖制限助成券」を長野市保健所に貰いに行った所、

≪迷い猫≫の貼り紙に、"ロンちゃん"に似た猫の情報が(°_°)

なんと!なんと!地域も、月日も一致しているとの事😮‼️

 

直ぐに、そのお宅に連絡していただき、

協会に来ていただく事に(^-^)

 

さぁー!!

ロンちゃんの飼い主さんで、

間違いないだろぉ〜かっ(;゜0゜)⁉️

やりましたぁ♪───(≧∇≦)───♪

 

ロンちゃん、

約5ヶ月ぶりに飼い主さんと再会(((o(*゚▽゚*)o)))✨✨✨

 

ロンちゃんは、純血のメインクーン😽

飼い主さんが目を離した隙に、飛び出しちゃったようです(-_-)

 

ロンちゃん良かったね(⌒▽⌒)!!

 

こんな事もあるんですよねー😆💦

 

ロンちゃんは、5ヶ月の間、お外で過ごしていたので、

恐らく妊娠していると思いますが、飼い主さんは、

再会の喜びで、その日は、そのままお家に帰りました。

 

保護して下さった、Kさん(^^)

病院に連れて行っていただき、毎日ごはんあげていただき、

手術の心配などなど、本当にありがとうございましたm(_ _)m✨

 

ー今回、再確認した事!(◎_◎)ー

探してる猫ちゃんの情報を、保健所などに届けておく事が、

とっても大事☝️😉❗️

 

☆探してる方

★保健所

★警察署と交番

★役所、清掃局

★近隣の動物病院      など

  猫ちゃんの情報を細かく掲載し、届け出を出しておく☝️

 (写真があるとわかりやすい)

★猫の保護団体に問い合わせ

★迷子猫、迷い猫として、写真付きでポスター、

 チラシを作ったり、ウェブサイトで情報を掲載

 (チラシは、近所にポスティングしたり、

 許可を取った上での貼り紙など)      

          

 ☆保護した方

★探してる方が連絡しそうな場所に

 届け出しておく😄

 

そして、もうひとつ大事な事❗️❗️❗️

◎猫を飼ったら、外猫はもちろん!

 飼い猫は、産ませる予定がないなら、

 必ず『避妊去勢手術をする事‼️』

◉自分の家族の猫ちゃんに、お願いですから、

 責任を持って下さい(。-_-。)

 

保護して下さった方が、

手術の事を考えていて下さらなければ、

何処かで‼︎

また‼︎

知らないうちに‼︎

野良猫が増えていく事になります

o(`ω´ )o

 

病気の心配も、ひとつ取り除く事ができます(^ ^)

先日も、ある方の猫ちゃんがしばらく帰って来ない…で、

しばらくすると"耳先カット"が施されて帰宅😦

どなたかが、手術の為に保護し、

手術を済ませリリースして下さった😮

 

その猫ちゃんの飼い主さんは、

「そんな奇特な方が居るんですね(^^)」とおっしゃっていました。

 

話しているうちに、その猫ちゃんの手術は、

物凄く身近な方がして下さった事が判明∑(゚Д゚)

びっくりでした(^з^)

「世間は狭いにゃぁ〜‼︎にゃぁ〜ももちゃん^o^

人に慣れている猫ちゃんは、

人に関わった事がある猫ちゃんだから、

迷い猫の可能性もあるにゃぁー😺」

「にゃぁ〜〜〜(o^^o)」