NPO法人ながの動物福祉協会は、身近にいる不幸な動物と

殺処分される犬・猫をゼロにし、人にも動物にも優しい社会を実現したいと願って種々の事業を展開をしています。 

1/20を持ちまして終了となりました、クラウドファンディング。

総額946,000円のご支援をいただきました!!

【NPO法人ながの動物福祉協会×八幡屋礒五郎】 ノラ猫“ゼロ”へ! 猫の不妊(避妊・去勢)手術を行い、一匹でも多くの猫を幸せにしたい。

◎3,000円支援者様      6名

5,000円支援者様     85名

10,000円支援様    21名

20,000円支援者様   14名

・長野市三輪    小林  清一 様

長野市安茂里    山本  洋子 様

長野市篠ノ井    北村  由紀 様

広島県安芸高田市    猪伏  宏隆 様

長野市吉田    松澤  節子 様

長野市新田町    錦織  祐一 様

長野市中御所    吉田  祐介 様

東京都足立区    柴田  あかり 様

長野市大豆島    大谷  恵美子 様

長野市戸隠    北山  恵子 様

埴科郡坂城町    森下  伸子 様

お名前掲載をご辞退された方  3名

 

ご支援いただきました皆様に感謝申し上げますますm(_ _)m

集まった資金は飼い主不明の猫たちの不妊手術及び、その猫たちの病気や怪我等の治療費に充てたいと考えています。

㈱八幡屋礒五郎様にご協力いただき、リターン品に限定品「またたび入り七味」をご用意しています。 詳細はこちら

 

ねこのしっぽ

〜 NAWS ・ くろちゃん日記 〜

2020.03.27【ご寄付をいただきました!】

長野市吉田   E.M 様    100,000円

飯山市飯山   H.Y 様    10,000円

長野市川中島町   T 様    10,000円

 

ご支援、ありがとうございますm(__)m

 

飼い主不明の猫たちの不妊手術及び、

その猫たちの病気や怪我等の治療費に

充てさせていただきますm(_ _)m

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020.03.27【らんがお空へ逝ってから、49日が経ちました。。】

月日はあっという間に過ぎていきますね〜

 

らん♂は、お空で楽しく過ごしているはず!

きっと、マリー♂とぴったりくっ付いて、お昼寝してるんでしょ(๑・̑◡・̑๑)!

 

昨年、今年は、

近しい方達のわんちゃん、猫ちゃんが、お空へ逝きました。

 

ご冥福をお祈りします。

 

みんな!!また逢おうね〜(๑╹◡╹)ノ"

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020.03.27【なまえのないねこ】

とってもステキな絵本

 

何かを訴える

"メロンいろの め"に、思わず手が伸びました。

 

『なまえのないねこ』

ベンチの下で雨宿りしている姿は、

ぎゅーっと胸を締め付けられます(>_<)

 

現実、こんな猫達がたくさん居ると思うと、

本当にせつないです。。

そんな猫達を増やさないように…

なまえをよんでくれるひとと出逢い、

頭をスリ寄せる後ろ姿に、

じんわりと涙が出ます(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ノラ猫のせつなさ

家族が居る事の幸せ

猫も感情を持っていること

 

飼い主さんが居ないノラ猫に、

少しでも思いを寄せていただく人が

増えたらいいなぁ〜と思いました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020.03.27【マダニを付けてくる猫達が増えてきました!!】

茶とちゃん  ♂3~4歳くらい ⬆︎

お耳の下に、マダニが噛み付いていました。

駆虫薬をすれば、コロッと落ちるのですが、

気付かないうちに落ちて、踏んでしまわないように、

"マダニ取りピンセット"で除去しました。

Kくん  ♂ 3~4歳くらい ⬆︎

お耳の内側に!

犬や猫に、マダニが吸血しているのを見つけて、

無理に引っ張って取ろうとすると、

マダニの一部が皮膚の中に残って化膿したり、

マダニの体液を逆流させてしまう事があるので、

直接手で取ったり、つぶしたりしない方がいいそうですよ!!

 

可能であれば、

外に出る猫、外で散歩させる犬には、

定期的に駆虫薬をすると良いと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2020.03.23【3月22日は さくらねこの日】昨日は、さくらねこの日でした!

"さくらねこ"とは、

不妊手術済みのしるしとして、

耳先をさくらの花びらのように V字にカットした猫のこと。

 

公益財団法人どうぶつ基金さんが、

一斉手術の際に生まれた名称だそうです。

さくらカットの猫達 ⬆︎

当協会でも、V字のさくらカットをさせていただきますが、

 

ご希望に応じて、水平にストレートカットを施す場合もあります!

 

個人、ボランティアさんが、TNRした猫、

また 外飼い猫 に耳先カットが施されています(^-^)

耳先カットする事を、

「痛いでしょ!」

「可哀想だからしない」

「自分がわかってるからしなくてもいい…」

 

と、いう方もいます。。

 

麻酔がかかっている時にカットさせていただきます。

 

自分以外の方への目印です!!

水平にストレートカットの猫達 ⬆︎

 

★耳先カットは外で暮らす猫達の、

不妊手術が済んでいる目印で、

「この猫はお世話して下さっている人が居ます!

これ以上、子孫を増やす事はないので、

この子の猫生をそっと見守って下さいm(_ _)m」

 

と、いう意味があります。

 

◆手術済みが外見からわからず、

未手術のノラちゃんだと思われ、

 

再度保護して、不妊手術に連れて行かれることもありません。

 

■ノラ猫ではなく、おうちがある猫達も耳先カットをして

帰る子も居ます!

家から脱走して迷子になってしまった時のための対策です(*゚▽゚)

アントニー・もも・みけおは、ストレートカット!


ひかるとちゃちゃまるも、耳先カット!

 

まだまだ、"耳先のカット"を、

「この子、耳に傷があるの…」

「怪我しちゃったんだね〜」

 

と、おっしゃる方も沢山居ます(^-^;

 

*********************

◇外で生きる猫 達の、耳先のカットの意味をもっと多くの方に知っていただき、

 

もっと多くの方に、#野良猫を増やさない ように、

不妊手術をしていただく事で、"遺棄""虐待""殺処分"を

無くす事に繋がります!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2020.03.19【畑の猫達】

借地で農業をされていた方が、

3年間で10匹の猫のお世話をする事になりました。

 

隣の畑の方がお世話していた猫が、子猫を産み、

子猫達のお世話をしていたら、その子達が子猫を産んで、

10匹になってしまったそうです(。-_-。)

 

ここで、事情により農業を辞めることになり、

土地も返すことになりました。

 

1匹は親族のお宅で引き受けてもらったそうですが、

9匹の猫達をどうするか…

 

この方は、その場所に猫達を置いていく事を前提に、

 

「メス猫は避妊手術を済ませ、オス猫は手術をせずに、

少し慣れている2匹のオス猫をペット可の借家を探して

連れて行こうと思う」とおっしゃいましたΣ('◉⌓◉’)

 

『今まで決まった時間に、決まった場所でごはんを貰っていた

猫達を、その場所に置いていく⁉️ 

それは、動物の遺棄に当たりますよ‼️

 

それより何より、あなたの気持ちは、それで納得出来るのですか⁇

猫達は、きっと何日も、何日もあなたが来てくれるものと

信じて待ち続けるのですよ❗️ 

食べる物がなければ、体力も衰えて、

そんな時に野生動物の餌食になるんです!

餓死するかもしれません…

人から食べる物を貰っていた外猫が自力で、毎日食べ物を探すことなんて、不可能に近いんですよ…』と、

ただただ、彼を信じて生きている猫達を代弁するつもりで、

 

ボランティアスタッフは、

涙ながらに必死で話しをさせていただいたそうです。

 

その方は、

「私だって、猫達のことを考えないわけではなかった‼️

 一生懸命考えて、そうするしかないと…」

 

勿論、それはわかりますが、

猫達を畑に置いていくことは出来ないのだから、

猫達の行く末を考えよう、という事になりました。

初日に手術を済ませた⬆︎

ミケちゃん♀とジャイ子ちゃん♀

 

ふたりは姉妹のようで、10~11ヶ月

ジャイ子ちゃんの首筋には、傷がありました。

 

オス猫の繰り返しのネックグリップで傷が広がり、

治り掛けては、痒みで掻いてしまい広かったようです💧

 

自分の優位性を示す為のマウンティングの時も

ネックグリップする子が多いようです。

 

術後2日間、お泊りして、お迎えの日、

保護主さんは、沢山の決断をされていらっしゃいました!!

 

『次の仕事も決めました!

一軒家で猫を連れて行ける家も決まりそうです!!

古いけど、部屋数があるので何とかします!』と!!

 

晴れやかに報告してくれました(⌒▽⌒)

 

こんな展開は、この活動をしている私達にとって、

この上ない喜びです(๑>◡<๑)

 

更に、♂の去勢手術の必要性も理解していただき、

手術のお約束をして下さいました!

右上  チャタロー ♂10~11ヵ月くらい  ⬆︎

左上  シロちゃん ♂3歳くらい  

右下  ライオンちゃん ♂10~11ヵ月くらい  

左下  ノラクロちゃん ♂6ヵ月くらい

 

威嚇したりする事は無いものの、

チャタローちゃんとシロちゃんは、ケージから脱出計画を図り、

翌日朝はエライことに(^◇^;)

チャタローちゃん  大人しそうなお顔をしてるのに、

目を離した隙に大暴れ(^-^;

ノラクロちゃんは、1.7キロと小さめの男の子

手術の日の朝、目ヤニと鼻水が出始めた、

との事だったので、体調を整えてから手術する事にしました。

保護主さんは、新しいお家に、

キャットタワーやトイレ、押入れを上手く活用したり、

脱走防止対策をしたり、

猫達を迎え入れる準備をして、みんなを迎えに来て下さいました!

多頭飼いの大変さは痛いほどわかります!

大変な事も多いですが、

楽しい事も嬉しい事も、

素晴らしい事も沢山あるので!

 

 

猫達との生活、頑張って欲しいです(^_−)−☆

 

安全な暖かい場所で、穏やかに暮らせるのは、わるくないよ!

 

 

☆みんな幸せにね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2020.03.19【長毛猫の外暮らしは、キツイ!】

ちょー太郎 ♂3~4歳くらい

数ヵ月前に、あるお宅のお庭に現れた猫

被毛のカールが、更に絡まりやすく、

喉、首元、耳の後ろ、腋の下、足の付け根、お腹、お尻に、

小さな毛玉、大きな毛玉が沢山できていました。

 

左の腋の下は、グリグリになった毛玉が皮膚を引っ張って、

 

何らかの理由で取れた時に、表皮も剥いでしまったようです(>_<)

ちょー太郎の被毛には、ゴミや枯葉が沢山絡まっていて、

ベタベタした質感。

 

尻尾には、針葉樹の針の様な葉が無数に絡まっていて、

尾腺からの脂で汚れが固まっていたので、被毛を刈りました。

 

 

体中の毛玉は、皮膚を巻き込んでいる部分もあるので、

皮膚を切らないように毛玉をカットし、腋の下、足の付け根、

首元の擦れやすい部分の被毛を刈りました。

去勢手術を済ませて、一泊し、そのままリリース…

というワケにはいかず、

 

捕獲器で搬送されて来た ちょー太郎を保護主さんに

お任せするのも無理なので、こちらで傷を治す事にしました。

ちょー太郎がこちらに手術に来てから、

3日目、あれ?この子、とっても人馴れしてる!!

5日目くらいにはケージから出しても大丈夫!

 

お薬を毎日塗って、早く傷を治そうね!!


2020.03.13【モカちゃん、無事保護されました!】

12月1日に自宅から脱走してしまったモカちゃんですが、

3月8日深夜に、捕獲器に入ってくれて、

お家に帰る事が出来ました!

 

脱走してから3ヵ月、ガリガリに痩せてる様子はなく、

元気な姿で帰れた事、本当に良かったと思います(/ _ ; )

 

ご家族が、年末も正月も、ゆっくり休む事無く、

毎日諦めずに頑張って下さいました。

 

モカちゃんは、元は外に居た猫で、

昨年1月に生後6ヵ月くらいで保護されたそうです。

12月1日  自宅玄関から脱走したモカちゃんは、

12月16日まで姿を現わす事はなかったそうです。

 

その日、ケージに細工をして、保護を試みたのですが、

ケージに入ったモカちゃんは、

パニック状態で暴れてしまい逃走…

 

その後、当協会に連絡があり、

捕獲器とカメラを貸し出しました。

 

飼い主さんは、捕獲器に抵抗があり、

直ぐには使わなかったという事です。

 

チラシのポスティング、コンビニなどの人目につく

場所への張り出し、

ご近所の方へのお声掛けをしていただき、

広範囲にモカちゃんを探している事を

知っていただけていたようです。

 

12月半ば以降、目撃情報は入ってくるものの、

ハチワレの別の猫ちゃんだったり、

なかなかモカちゃんは確認出来ない状態。

 

1月、2月も情報をいただけば、

飼い主さんは直ぐに向かいましたが、

やはり別猫や確認出来ない状態が続きました。

 

3月7日、目撃情報をいただいた場所に伺い、

昨年12月16日ぶりに、モカちゃんの姿が確認されました(o^^o)

 

しばらくすると、モカちゃんは裏側へ走り去ってしまい、

姿が確認出来ませんでした(。-_-。)

 

自宅から2キロ程はある場所で、車通りも少なく、

細い路地や緑がたくさんあり、隠れる場所が多い~_~;

 

捕獲器を設置し、カメラを置き、

3月8日の午前中に動向を確認しました。

前日の動きをもとに捕獲器を設置した所、

深夜捕獲器に入ってくれました!

モカちゃん!お帰り〜(⌒▽⌒)!

もう、お外には出ないでね!!と!言いたい所ですが、

そこはご家族が十分注意していただかなければなりません。

 

夏に向けて、"脱走させないように!"という意識と、

実際に"脱走防止対策"が重要です!

 

◆迷子の猫がとても多いです!!

大切な愛猫を路頭に迷わせない為に、

『うちの子は大丈夫』と思わず、万が一に備え、

是非!!お考え下さいm(_ _)m◆