NPO法人ながの動物福祉協会は、身近にいる不幸な動物と

殺処分される犬・猫をゼロにし、人にも動物にも優しい社会を実現したいと願って種々の事業を展開をしています。 

 

ねこのしっぽ

〜 NAWS ・ くろちゃん日記 〜

2017.08.21【くろちゃんのお役目】

くろちゃんは、協会で治療の為の一時保護の子達の、

「メンタルケアと教育係」!!

↑上の写真は、くろちゃんとショーンです😺

心細かったショーンは、くろちゃんに心を開いて、スリスリ💕

しつこいくらいにスリスリ💕

くろちゃんも、ショーンの気が済むまでお付き合いしてたっけ😅

↑マーブルはなかなか頑固な女の子💧

くろちゃんが時々、話し掛けに行くのを見ました。

マーブルも猫生いろいろあったんでしょう…😔

くろちゃんが少しはお役に立てたのではないかなぁ?

アントニーもいろいろ相談したりして😉!

 

手術に来た体調不良、ケガなどで、治療、栄養補給、

お薬が必要で入院している猫ちゃん達に、

「大丈夫だよ!」

「安心して!何にも心配しなくていいよ!」

「何かあったら話してみて^ ^」って

言っていたかは?^_^;

 

手術終わりの猫ちゃん達には、

「お疲れ様(^o^)/帰れるからね!」

と、見回り^ ^ 

 

みけおやアントニーはもちろん、くろちゃんの存在は、

みんながわかっていて、くろちゃんは絶対的にトップでした‼️

 

初対面のシャーはあっても、その後誰も逆らわなかったよね〜

だからと言って、喧嘩っ早い♀⁉︎っていうのではなくて、

猫に対しても、人に対しても、

とても穏やかな、くろちゃんでした!

みけおがやり過ぎた時は、

「調子にノリ過ぎ〜〜〜」

   ( ̄3 ̄)\(- -;   バシッ!!っと!

みんなちゃんと言うこと聞いてた😊

 

なんだかんだで、いろいろな猫ちゃんに会えて、

くろちゃんも幸せだったよね😉✨✨

 

改めて、くろちゃん!ありがとね💕

 

お空で楽しくやってるかなぁ〜😄☀️


2017.08.17【上松の茶トラくん】

茶トラ君、

余命1~2ヶ月と言われたにも拘らず、

日々元気になってるそうでーす😁

しかも、巨大化してるとか⁉️(笑)

ダニによるカイセンと口内炎の治療が効き、

見違えるようにキレイになったんですって✨✨

ヨダレも最近はほとんど出なくなり

1ヶ月で1キロ体重が増加したとの事です☺️

栄養状態の改善とストレスがなくなったので、

腎臓はともかく肝機能は少し改善、

貧血はほぼ回復したそうです🌻

 

本当に幸せな時間を過ごしているんでしょう😉

茶トラくん!よかったね( ´ ▽ ` )ノ

 

Mさん、何かと負担も大きいとは思いますが、

有難い事ですm(_ _)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まだまだ暑い日が続きますが、

水分補給をして体調に気をつけお過ごし下さいませ🙇

 

外の猫ちゃん達も、事故に気を付け、夏を乗り切ってね!!


2017.08.09【県保健所のミニチュアピンシャー】

県保健所で、里親募集していたミニチュアピンシャー 12歳♂

 

譲渡が決まったとの事です😆✨✨✨

ボランティアさん達の呼び掛け、拡散などもあり、

嬉しいお話ですね‼️

 

お散歩時のミニピンくん↓

(譲渡会のボランティアをされている

Black&Whiteさんのブログ、“白黒にゃんこ”から、

写真を使わせていただきました🙇)

こんなに可愛らしいお顔😉💕

 

犬舎の中の雰囲気、

飼い主さんや同居していた仲間とも離れ、

この子なりにいろいろ感じてたはず😔💧

ごはんも美味しく食べれなかったんではないでしょうか

こんなに穏やかな目をしてる😊✨

 

新しいお宅で、残りの"犬生"精一杯生きてくれる事を願います。

 

楽しい事!たくさんあるといいね!(o^^o)🌸

 

◆今回、この子達の元の飼い主さんの事情はわかりません😔

 

人間にもいろいろな事情があるのでしょう。

 

以下は、ある動物保護センターで飼育放棄の理由の一部です。⬇︎

■飼い主の都合

 ●飼いきれない

 ●飼主の死去


 ●離婚


 ●家族に病人がいる

 ●飼主の老齢化

 ●子供のアレルギー

 ●小さい子どもがいる

 ●アパートのため


 ●一戸建てでなくなる 

 ●引っ越しで飼えない


 ●飼主が入院


 ●夫単身赴任、妻喘息入院

 ●忙しくて面倒見切れない

 ●独り暮らしで不在が多い


 ●会社勤め


 ●飼主が老人ホームに入った

 ●世話をする人がいない

 ●飼主入退院繰り返し

 ●年金生活で犬を入院させられない

                               など

理由が何にせよ、保健所に持ち込み、もし、

新しい飼い主さんが現れなければ、

”殺処分“という状況がチラつくのは、オカシイです😠‼️

 

◆ペットを飼う前に、 本当に自分に飼えるのか⁈

 その犬や猫達が寿命を全うするまで飼う覚悟はあるのか⁈

 その犬や猫の最期まで責任を持てるのか⁈          

◆自分自身や自分の周りの状況が変わった時に、

 その犬や猫が最期まで幸せに暮らせる方向をちゃんと

 考えておく!

人間の身勝手からの『殺処分はゼロ!!』に‼️

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【ロシアンブルー系のノラちゃん】

ノラ猫の手術を積極的に行って下さっているMさんが、

自宅付近に姿を現すようになった、

猫ちゃんを連れて来て下さいました😅

ごはんは与えて下さっていますが、

かなりの♀"野良猫"さんです💦

あまり人と接する事には慣れてないし、

慣れたくないし😤❗️といった面持ちで😅

ノラちゃんは、飼い猫よりも神経が張り詰めている為、

麻酔も効きづらく、

目覚める時も常に警戒心を強く持っている子が多いです😣


この子は手術後も、どうにかケージから脱出しようと、

頭や顔を押し付けこじ開けようした為、

鼻筋の辺りが一時、腫れてしまいました💧

一泊し、朝ごはんを用意したけど、

そんなの食べる気になんかならないよね^^;                                 ノラちゃんは、ほぼ朝食拒否でお帰りになります(^◇^;)

夕方、いつも居た場所に帰りました(^^)

このノラちゃんも、ロシアンブルーの血を継いでいるようです😒

ここで、ペットショップから?人から譲渡?迷い猫?捨て猫?       入手経路はここではどうでもいいんです!

問題なのは、避妊去勢手術をしておらず、

外に出れる状態にしておいたと言う事‼️

"産ませる予定がないなら、病気の予防も含め手術をする!"         当たり前になって欲しいです(。-_-。)